【 長友佑都 著書 日本男児から学ぶ 】

長友佑都 日本男児を読んで

長友佑都選手に関しては

いくつか著書が出ているみたいだけど

今回気になってこの著書を読んだ理由は

今成功されてる人が若いうちや無名時代から

どのような姿勢や取り組み方、環境の中で

積み重ねて来たのかを知りたくなり

読みたくなったのが大きな理由

いろんなジャンルのアーティストも

最初のファースト作品にはその人の本質や

生き方の軸が濃く表れていると思うから

この作品の「日本男児」は

挑戦してる全ての人に

ヒントを沢山くれる作品だと思う

さらに、ここまで世界で活躍する人は

どんな環境で育ってきたのかを

知るきっかけにもなるので

教育関係者やもちろん

親の立場にある人達にも

多くの気づきがあると思うので

是非お勧めしたい

実は彼は大学時代にサッカー部の

応援席で太鼓をたたいていた

でも今では名門のインテルに所属し

世界で活躍している

なぜそうなれたかが

この「日本男児」を読めばわかる

誰かの為に強くなれるってメッセージを感じることができる

作品の中で長友佑都選手の

家族の話が良く出てきていて

特に彼の母親の子供に対する

応援サポートの姿勢が本当に学びにな

「この親の為なら」って

って思える母親の人間力が

数多く語られている

また家族達の他にも

いろんなタイミングで恩師達に出会えている

特に中学生の時の恩師との会話は

涙が込み上げてくる程、熱く感じられた

若いうちにキーになる人物と

どれだけ出会えるかの大切さもわかるし

またそういう人物に出会うきっかけに

なる人間力も備わっていたんだとも思う

また中学生の頃から「心のノート」

という物をつけていて

彼もやはり若い頃から自分との対話を

積み重ねていることも知れた

世界一のサイドバックになる

この世界一のサイドバックになるという言葉は度々出てきていた

彼は常に自分の理想のイメージを高く保ち

どうしたらそうなれるのかを細かく

逆算していることも伝えていた


「この世界一の~になる」


このの部分には何を当てはめることができるのか?

自分もあらためて自分の目標を考えながら

読み進めていくことができた

為になる書かれた言葉の数々


「努力する才能」


どんなに物事がうまくても

さらに積み重ねることを

しないと上に行くことはできない


「どうすればこの壁を一番短い時間で超えられるのか」

「自分にはなにが足りなくてなにを強化すべきか

自分のどの部分を活かせるのか?」


突然来るチャンスに備えて

チャンスを逃さないように

毎日準備をしてもういいかなと妥協はしない

というストイックな部分も知れて

本当に参考になる作品

自分に対してまた夢や目標に向けて

自己分析の徹底さを学べて

さらには世界で活躍する人が

どのように育ったかを学べる良書だと思う

また壁にぶつかった時に

読みたくなる熱い魂が感じられたので

気になった方は是非読んでほしい作品