【 映画 怪盗グルーのミニオン大脱走から学ぶ 】

「怪盗グルーのミニオン大脱走」

先日観てきた

改めて良かったです

もともとこのアニメーションが好きで

シリーズもチェックしてたんだけど

劇中使用楽曲をファレルウィリアムズが

手掛けているから尚更気になってた

サントラ自体をシリーズ1作目の

「怪盗グルーの月泥棒」

シリーズ2作目の

「怪盗グルーのミニオン危機一発」など

シリーズを通してファレルウィリアムズが

担当してきてる

今回も期待通りの作品

エンドソングの

「 Yellow Light 」

「 There’s Something Special 」

の曲はYouTubeでも

ミュージックビデオがチェックできる

映画やCMや様々なタイアップで

プロデュースできることは

アーティストやプロデューサーにとっては

また一つの目標でもある

ファレルウィリアムズから学べることも

この映画を通してのまた別の魅力だと思う

ストーリーを簡単にまとめると

80年代のファッションや曲

流行を取り入れてる新しい敵の

バルタザールに怪盗グルーが立ち向かう

ミニオンはグルーが悪党に

戻ってこないからまた新しいボス探しの旅へ

今作でグルーに双子の兄弟ドルーが

登場してくるのもポイントに

なっていくストーリー

もうグルーの声は笑福亭鶴瓶さんで

日本国内のイメージは浸透してる

日本人的にジャッキーチェンの声が

石丸博也さんのように

ジャッキーはむしろ日本語を

この声で普通に話すんでないか?

と昔は思ってたくらい

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は

家族連れはもちろん

どんな世代でも観れる映画

懐かしのサウンド

特に今回は80年代のサウンドが

多く使用されるシーンが

使われていて懐かしく感じる世代もいるはず

80年代のサウンドで

懐かしくなりたい世代もオススメ

懐かしさを使うという発想も今後に活かせそう

毎回色づかいも好きな所

ビビットカラーが特徴的なデザインの世界観

キャラクターにはもちろんだけど

背景や様々な物に対する

カラーバリエーションが絶妙

デザインとかの参考になる

結構デザイナー関係の仕事されてる人も

観にきてるんのではないかな

キャラクター自体の設定も本当にうまい

グルーから学べる姿勢

特にグルーには

ボスとして学べるポイントだけでなく

家族、親父としての生き方を教えてもらえる感じがした

家族やミニオンたちという

様々な個性の部下を

背負ってるから参考になる

他には途中でブタのキャラクター達が

出てくるんだけどそれが個人的にはツボ

沖縄的にアグーって感じで

デザインオマージュしたくなるほど


「アイデアが沸いてくる映画は学びがいがある」


子供から大人そして

仕事のジャンル関係なしに

アイデアが沸いてくる本当に良い映画だった

気になった人は

「怪盗グルーのミニオン大脱走」を是非

最後にこの曲

2作目の「怪盗グルーミニオン危機一発」

サウドトラックに収録されてた

ファレルウィリアムズの「Happy」